トラブルが起きてからご相談を頂くことが多くあります。そうなると時間もお金も、精神的な負担も大きくなります。

 そうならないために、まず専門家への相談を!

無料相談

随時、電話・メール・FAX等で相談を受け付けております。

045-869-1352
info@rakusupo.net

出張可能エリア

神奈川県・大田区・世田谷区・品川区・目黒区・町田市

その他地域は応相談

担当の今井です。
私が責任をもってサポートいたします。

保持資格等 

  • 一級建築士
  • 住宅性能評価員
  • 一般財団法人日本建築防災協会「木造住宅の耐震診断と補強方法講習」修了
  • 神奈川県 木造住宅耐震実務講習修了
  • 神奈川県震災建築物応急危険度判定士
  • 自立循環型住宅設計講習修了
  • 既存住宅現況検査技術者

基礎前・採石転圧チェック

 

基礎と地盤のなじみを良くし、建物の重さを地盤に均一に伝えるために行う工事です。
基礎を埋め込むために土を掘った後に、厚さ10~15センチ程度砕石(砕いた石)を均一に均し、
機械で締固めます。計画通り指定の機械で適切な締固めが行われているか、
基礎の埋め込み高さは設計図通りかをチェックいたします。

*適切な砕石転圧が行われているかチェックいたします。
*設計GLのチェックをいたします。
*建物配置をチェックいたします。

砕石転圧時に地面がふかふかしていたので、その部分を掘り起こしてみると、地面から草が出てきたケース。この建物の建築主は土地を購入して建物を新築しましたが、不動産屋か売主が依頼した草刈りの業者がゴミとして持ち帰らず、地面埋めてしまったようです。砕石転圧時に地面がふかふかしていたので、その部分を掘り起こしてみると、地面から草が出てきたケース。この建物の建築主は土地を購入して建物を新築しましたが、不動産屋か売主が依頼した草刈りの業者がゴミとして持ち帰らず、地面埋めてしまったようです。

掘り起こした箇所は、メーカーに頼みランマーで入念な砕石転圧(3回に分けて)を行いました。掘り起こした箇所は、メーカーに頼みランマーで入念な砕石転圧(3回に分けて)を行いました。